結婚写真のプランの説明を行って

「こちらでしたら、額付きのお写真もご用意できますよ」と、お客様に写真撮影の説明をしていたのは、きちんとプランの内容を把握していただき、後々になって食い違いの起こらないようにするためです。私は今、フォトスタジオに勤めていて、そこでサポートスタッフとして働いています。ここでは、お客様の撮影のテーマに合わせて、いくつかのプランを用意させていただいているのですが、内容を把握しないままにプランを決められてしまうと、「このポージングが欲しかった」「あの写真で台紙を作りたかったのに」などと、お客様から後悔の声を聞かされてしまうこともあるため、事前に念入りの説明を行わせていただいています。

そこで以前、私は結婚写真の撮影のお手伝いをさせていただくことになりました。撮影を希望されていた夫婦さんは、まだ20歳同士と若く、できるだけお金はかけたくないとのことでした。結婚写真の撮影のプランとして、1万円、3万円、5万円とあるのですが、もちろんそのプランによって、撮影できるショット数や、写真の現像枚数も変わってくるため、事細かな内容の説明をさせていただきました。まず1万円のプランでは、10ショット収めることができ、その半数までの現像が可能です。しかしこの現像では、普通のL版サイズか台紙にしか形に出来ず、写真立てやはがきへの変更は行うことができません。

しかしこのお客様は、写真立てを作りたいというご希望を持たれていたため、私は3万円のプランを勧めさせていただきました。こちらでは、15ショットまで収められる上、写真、台紙、写真立て、はがき、さらにはカレンダーやキーホルダーなどにも商品として提供できるプランだったからです。お客様は、安さと商品と、どちらを取るかで悩まれていたのですが、一生に1度きりの結婚写真ということもあり、3万円のプランで撮影を行うことに決められました。私は今、このようにしてお客様の撮影のサポートを務めていて、大いにやりがいを感じることができています。実際にスタジオに立つことはできないものの、撮影された写真を見たり、その様子を拝見させていただいていると、たくさんの笑顔を見ることができ、幸せをお裾分けしていただいているようです。この結婚写真の撮影を行われた夫婦さんも、納得のいく写真を残すことができたと、とても喜んでくださいました。これからもこのフォトスタジオで働き続け、たくさんの笑顔を見ていきたいです。